farlksffafkjlのblog


2017年07月18日
なかなか疲れが取れない男性の場合
なかなか疲れが取れない男性の場合、LOH症候群ともいわれ、男性更年期の可能性があります。
男性ホルモンである「テストステロン」が大きく影響しています。

テストステロン値が高い時は20代で、そこから男性ホルモンは徐々に減少します。
男性ホルモンの減少というと、EDや性欲減退などと結びつけられます。
しかし、男性ホルモンは、疲れや精神にも影響を及ぼしているのです!
男性ホルモン減少は、思いがけない所まで影響があります・・・

例えば、シアリス 通販男性ホルモンが少ないと、仕事に集中できない、やる気がでない、すぐに落ち込む、イライラしやすいなどの症状として表れ、男性ホルモンと関係のないように思える体の不調でも、実は密接に関わっていることが多いのです。

男性更年期は、「漢方薬」で治療することが出来ます。
栄養ドリンクを飲んで、頑張っている方は、同じよう働きで、滋養強壮の漢方薬を試してみることをお勧めします。
男性更年期に処方される漢方薬の例は、下記をご覧ください。
また、必要に応じて、EDなどの場合には、ED治療薬(自費)を用いて、ピンポイントで治療を行っていきます。

男性更年期障害(LOH症候群)に処方される漢方薬について(保険適用(例))

▼八味丸(はちみがん)
 疲れやすい、体が冷えている、下半身や生殖器の虚弱がある人に用いられます。

▼補中益気湯(ほちゅうえっきとう)
 補中益気湯は、男性ホルモンのテストステロンを増やす働きをします。
 虚弱体質で、胃腸の働きが悪く、風邪を引きやすい、疲れやすい、過労や飲み会続きで体調を崩している
 る人に用いられます。

▼牛車腎気丸(ごしゃじんきがん)
 下半身の冷えが強く、疲れやすい、目がかすむなどの症状がある人に用いられます。

▼六味丸(ろくみがん)
 排尿困難、頻尿、むくむ、手足のほてり、疲れやすいなどの症状がある人に用いられます。

パソコン作業や力仕事、長時間労動からくる疲れは、肩こり、腰痛、目の疲れを引き起こし、さらに疲労感を強めます。
ランニングなどで体を動かした後の疲労感は、血流が良くなり、筋肉のこりを解消し、爽快感に感じるのに対し、仕事の疲労感は倦怠感として不快に感じます。
これは仕事の疲労感の場合、威哥王同じ姿勢が長時間続くことが多く、全身の筋肉を使わないために特定の筋肉の酷使からこりが生じてくるからです。
また、仕事では精神的な疲労もあり、疲れは蓄積しがちです。

空いた時間で、適度な運動で汗を流し、精神的にも肉体的にも健康を維持しましょう!
なかなかそんな時間が作れないという方は、一度漢方薬の滋養強壮の力を借りてみるのはいかがでしょうか?
保険診療の漢方外来の受診をお勧めします。
漢方外来は、忙しい方のためにご予約制でご案内をしております。ご予約はこちらから

前の記事
|
次の記事